numpy/opencv 2次元FFT

離散フーリエ変換(DFT)の高速化版アルゴリズムFFTをnumpyで試す。

■結果
input.png
FFT input img
result.png
FFT results img

python用openCVのインストール@Centos7

python2.7でopenCVのインストールをしてみる。
OSはCentos7

コマンドは下記
%yum install opencv-python

実行してみる。入力データの各画素値をダンプするテスト。
ちなみに入力するデータは→

拡大するとこんな感じ↓の5×5ピクセル画像。

■実行結果
[[[255 255 255]
[255 255 255]
[ 0 0 0]
[255 255 255]
[255 255 255]]

[[255 255 255]
[255 255 255]
[ 0 0 0]
[255 255 255]
[255 255 255]]

[[ 0 0 0]
[ 0 0 0]
[ 0 0 0]
[ 0 0 0]
[ 0 0 0]]

[[255 255 255]
[255 255 255]
[ 0 0 0]
[255 255 255]
[255 255 255]]

[[255 255 255]
[255 255 255]
[ 0 0 0]
[255 255 255]
[255 255 255]]]

255:白、0:黒
横走査を下から上に向かって行っている様子が分かる。